活 動 内 容

img_04_2

【活動実績】

2017.10.13(金)ビジネスネットワークセミナー

士業の会として新たな府大卒業生の輪を拡げる取り組みとして、 府大出身の経営者とのビジネスネットワークの構築を目指しております。 その記念すべき1回目の催しとして「弁護士の正しい使い方~債権(代金)回収編~」というテーマで、 士業の会の会員で弁護士の楠さんに講義して頂きました。 府大校友会メールやDMでの告知により、11名(会員4名、会員以外7名)の方にご参加頂きました。 セミナーの内容が債権回収という、経営にとって重要なテーマに参加者は熱心に耳を傾け、 また講師も自身の体験を交えるなど法律的な理論に留まらない聞き応えのある90分でした。 不良債権とは金額の多寡にかかわらず、頭を悩ませる問題ではありますが、 自社と相手方が置かれている状況をきちんと把握し、その都度可能な対応をするが大事で、 必要以上に恐れたり、事が起こってから慌てても仕方がない事だというのが一番の学びです。 セミナーの後に行われた懇親会も卒業年は大きく違えど同じ場所で学んだ者同士、 良い雰囲気で会話が弾み、あっという間の時間でした。 (文:藤田正人)

2017.7.14(金)「夏の納涼企画」

今年の納涼企画はまた新たな試みで、天王寺と堺を繋ぐ阪堺電車の車両を借り切って行われました。 大阪の初夏の夜景を車両から眺めながら、ワイワイ楽しく美味しいご飯とお酒を満喫しました。 行程の道中では司会の所会長より、各駅にちなんだ問題が出題されるクイズ大会の企画も行われ、 成績優秀者には賞品も授与されました。 個人的にクイズは得意なものの、どうも問題との相性が良くなく(?)悔しい結果となり、 もし第2回があれば次は本気で勝ちに行きたいと思います。 今回の参加者は24名、会員を始めとして、そのご家族や知人、関与先、そして大阪府立大学の職員さんにもご参加頂き、例年以上にある意味オープンな企画となり、今後の会の活動の幅も益々拡がって行くのではないかという予感がした、そんな企画となりました。
(文:藤田正人)

2017.3.17(金)定例勉強会

「民事信託の基礎と活用事例」
講師:司法書士 藤本昌吾さん

最近よく耳にする「民事信託」というキーワードを基に、制度の基本的な仕組みや用語の意義の説明を踏まえ、 具体的な活用事例をいくつか紹介して頂きました。 民事信託が活用されるようになってからはまだ日が浅く法的にも完全には確立されていない部分が多く、 逆に言えば自由度が高くきちんと現法をおさえれば先駆者ともなれる分野。 また信託を用いるにあたっては、契約、登記、税金など多岐にわたって影響があるため、 それぞれの専門家である士業間での連携が不可欠であるのは、まさに当会で学ぶにふさわしいテーマだったと思います。 勉強会もそれぞれの士業の立場からの質問が飛び交い、有意義な研修となりました。

2017.2.8 大阪府立大学校友会・陵友会が共催の講演会・交流会

大阪府立大学校友会・陵友会が共催の講演会・交流会に参加してきました。
 今回のテーマは「私が野菜ソムリエをつくったわけ」で 講師は日本野菜ソムリエ協会の創設者であり理事長の福井栄治氏でした。
最近よく芸能人なども取った話題に上がる野菜ソムリエ、この資格を作った方が府大出身 しかも農学部でなく経済学部というのが驚きでした。
講演の話の中心は「野菜」…ではなく、「マーケティング」と「ベンチャースピリット」がメインで、 良い意味で裏切られ、とても充実した講演会でした。
  


府大フェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/OsakaPrefectureUniv


2017.1.20 総会&新年会

士業の会も発足して5年目に突入。
 4回目となる総会は、昨年10月の特別勉強会後の懇親会でも来ました難波の「居酒屋にしかわ」にて行われました。 総会では28年の事業報告と会計報告に続いて、29年の事業計画と予算計画の審議が行われ可決承認されました。 また新たに今年度から税理士の清水さんが会計として役員に加わって頂く事も承認されました。 新年会では特別ゲスト(?)も加わり、これからの会についてや自分たちの仕事を語ったり和やかにまったりと。 思えば5年目という事で大学生活よりも期間の長い会となり、 今後とも益々良い関係が続けられる息の長い会になればと改めて願うのでした。 (文:藤田正人)



2016.10.14 特別勉強会

「ちょっと待った!あなたの色彩感覚がお客様を逃がしているかもしれない」
講師:株式会社ル・ビジュー代表取締役池田早苗さん

 JR難波 OCAT 難波市民学習センターにおいて勉強会が開催されました。
 10月はいつもと趣向を変え、外部より講師をお招きして会となりました。
色彩戦略家の池田早苗先生による「ちょっと待った!あなたの色彩感覚がお客様を逃がしているかもしれない」と題して色彩とビジネス、特に営業(売上)との関係についてお話 しいただきました。
 男性と女性の色に対する感覚の違い、民族や文化が異なっても色に対する印象に共通点があるなど色が人の脳に及ぼす力が絶大であることを初めて知りました。
だからこそ、ビジネスに色を使わない手はありません。
いままで、色や見た目をあまり意識せず、仕事は見た目じゃない、中身だ!という感じでいた私たちは大きな衝撃を受けました。

  

  

特に、池田さんのポケットチーフ効果はその具体例でした。
先生が、池田さんを例に、ポケットチーフを入れてくださると、男っぷりがぐっと上がりました!
所会長は意外と(?)明るい色がお似合いです。
色は無言で仕事する。装いはお客様への感謝を表す心配り。など 、色や服装をないがしろにしてはビジネスができないことを納得。
 勉強会後の池田先生を囲んでの懇親会、もとても賑やかで楽しいものとなりました。

2016.9.16 定例勉強会

「これからの相続ビジネスを考える」
講師:税理士 池田真哉さん

講師作成のビジュアル的にとても分かりやすい資料を元に話がありました。 1.相続ビジネスの実態
2.税理士としての相続ビジネス
3.士業として今後どうすべきか?
という内容で、データに基づいた図表を多用し、参加者と共に楽しく議論を進めました。 高齢化に伴い相続案件が増えてくるものの、士業としては、スポット的な仕事である相続案件をいかに切れ目なく継続的に受注できるかが課題です。

2016.8.5 夏の納涼企画

「夏の納涼企画」
今年の納涼企画はなんばタカシマヤの屋上ビアガーデン「キラリヤ」で行われました。 会場は2年前と同様の場所で、2年前も途中雨に見舞われましたが、今年は開始直前からすでに雷の音が聞こえています。雨雲も近くにあり、一時は会場変更も検討しましたが、雨雲の予測の動きを調べてみると何とか来なさそう。という訳で、雷が鳴り響く中スタート。今年の参加者は14名(うち会員8名)で、非会員のうちにも府大出身の方が2名お越し頂き、和気藹々とした雰囲気と雷鳴のドキドキ感で、ビールがとっても進みました。 雨は結果的に後半に少しだけ降ったくらいで、最後まで中止する事になく開催出来ました。 途中の恒例ビンゴ大会は、これまた恒例となった7億円!(が当たるかもしれない宝くじ)などの豪華賞品を目当てに白熱しました。 また来年は天候に左右されず皆でワイワイと楽しめる企画を練りたいと思いますので、今年参加された方も、出来なかった方も、是非またご参加ください。 (文:藤田正人)

2016.6.3 定例勉強会

「クイズで学ぶ行政手続法と改正行政不服審査法」
~知らないと損する申請・届出ルール&官公署に負けない方法~
 講師 社会保険労務士・特定行政書士  所信昭会長

平成28年6月3日(金)大阪市中央区民センターにて開催しました。

 行政書士に対して、新しく特定行政書士という制度が誕生しました。これは、法が規定する研修を修了し、考査に合格した行政書士が、行政書士の作成した役所に提出する書類に係る許認可等に対する不服申し立ての代理人になれるというものです。
 今回は、この特定行政書士の取得を取られた所会長の講義です。

 市民が当然持っている権利であるにもかかわらず、ほとんど知られていないのがこれらの法律だと、氏は話します。
 印象に残ったのは、クイズ形式で問題提起されたもので、例えば社会福祉法人設立の許認可につき要件が分からないときはどうするか?というもの。わたしの答えとしては、書籍やインターネットで調べて、分からなければ役所の担当の方に聞いていみるといったものでした。但し、経験上役所の方に尋ねても、漠然とした答えであったり、忙しそうに返答されることもしばしばです。
所会長「その担当者が親切に教えてくれれば、ありがたいと思いますか?」
わたし「もちろん、ありがたいと思います。」
 単純にそう思いましたが、行政手続法の中で、許認可等に関する具体的な基準を定めて開示するよう規定されています。ですので、開示がなされていなければ、法に則り役所に尋ねることができますし、開示が不十分であったり、開示されている場所を尋ねることも当然の権利なのです。どしどし尋ねしましょう。
 後半は、行政不服審査法の改正点などについて、ポイントを絞り、わかりやすく講義頂きました。

 今回の勉強会に参加して、役所担当者が親切に教えてくれるのは、もちろんありがたいとして、そうでない時も、前より少し勇気をもって担当者と話ができそうな気がします。
  (文:福井孝博)

2016.3.18 定例勉強会

「士業のためのコミュニケーション研修」
~専門知識よりももっと大切なもの~
 講師 社会保険労務士・行政書士 所 信昭
今回は講義方式ではなく、特別にチームワークの大切さや他人の立場に立って仕事を進めること、そして相手に理解してもらえるように話すことなどを体験型研修で学びました。
第1ゲームは、「うさぎに負けたカメのぼやき」というテーマで、参加者が1文字ずつ模造紙に書いて次の人に回し、まとまった一つの文章を書くという課題でした。
第2ゲームは、変てこな図形をある人が口だけで説明し、聞いている側はその図形を見ることなく、紙に再現するというものです。
士業はどうしても知識偏重になってしまいますが、コミュニケーション能力などの仕事の基礎力がいかに大切かを学ぶ機会になったと思います。
(文:講師 所 信昭)

2016.1.22 総会&新年会 ~3周年記念記念特別企画 ~


平成28年1月22日
例年通り、道頓堀の大和屋本店で当会の総会&新年会が行われました。
総会では、平成27年度の事業報告・会計報告と平成28年度の事業企画・予算の審議が行われ、当初の案の内容で承認されました。
ちなみに新年会の料理は、ふぐ鍋フルコース+こだわりお土産つきでした。

2015.11.3 第67回白鷺祭 「暮らしの困りごと相談・経営の困りごと相談」


平成27年11月3日(火・祝) 10時~16時
今年で3回目になる大学祭出展です。
相談者は計5組で、入会希望の方や元公認会計士のOBも来られました。
会場となった教室が軽音楽部のコンサート会場の隣で音はうるさいし、コンサートの出番を待つギターを抱えた学生に会場入口付近を占拠され、相続等法律的な相談をロックのライブを聞きながらするという普通はあり得ない設定でした。 それでも相談に来られた方には喜んで帰っていただき少しは社会貢献になりました。
(文:会長 所 信昭)

2015.9.18 定例勉強会


「どうなる?!これからの暮らしと税金」
~税理士からみた税務行政の行く末~
 講師 税理士・佐原三枝子さん
今回は、税理士の佐原さんが講師です。タイトルとは裏腹にざっくばらんにご自身の体験談を話されました。
・私自身のこれまでの経験
・税理士業界を取り巻く日本国内の環境の変遷
・諸外国における税理士制度
・〇〇〇〇からの脱却のために
・税務署の職員数の変遷
・実地調査先の選定の実際
・調査をしないでコンプライアンスを向上させるために
・マイナンバーでこんなことが・・・
どれもこれも楽しく身近な話で、その反面講師の仕事に対する誇りが伺える濃い内容でした。

2015.8.7 8月例会


「道頓堀リバークルーズ」
平成27年8月7日 夏の例会が開催されました。
例年、夏は他の月と趣を変え、会員間の懇親を深めることに重点を置いた企画となっていますが、今年は所会長のお骨折りで、貸切船で道頓堀リバークルーズというスペシャル企画となりました。 会員ばかりでなく、校友会事務局長の加納様やそのお知り合いの方々、所会長のご家族や藤田さんのお知り合いの方にもお越しいただき、総勢18名で午後6時過ぎ湊町船着場を出港しました。 途中、夕立も心配されましたが、雨に合うこともなく、涼風を受け、お弁当やビールをいただきながら川を進みました。 橋の下を何度もすれすれに進んだり、水門での水位調整を目の当たりにしたりと、いつもとは違った体験はアトラクションのようです。川から眺める大阪の夜景はとても美しく新鮮でした。コースの最後は、道頓堀のネオンとにぎわいで締めくくられ、あっという間の2時間でした。 大阪にいてもなかなかできない経験をし、普段は見ることのできない景色を見ることができただけでなく、川をクルーズするという開放感のなかで、皆さんの懇親も深まったのではないかと思います。

2015.6.18 、2015.7.2 非定期勉強会


「士業のマーケティング講座」
~企業のマーケティング理論を応用した本音の営業戦略~
 講師 特定社会保険労務士・行政書士・所 信昭 会長
今回は、定例勉強会とは別に、6/18と7/2の2日間にわたって非定期勉強会が開催されました。 前編では、市場に出回っている士業の営業マニュアルや士業顧客獲得セミナーとは、 違った切り口で士業のマーケティングについて解説して頂きました。
後編では、講師が開業して15年間にわたって実践された営業戦略について、『士業のマーケティングマップ』を用いて説明して下さいました。 営業戦略を練っていくなかで、問題の所在がどこにあるのかを明らかにし、営業の手法がマップのどこに位置するのかを考えることの重要性を痛感しました。 今回の非定期勉強会は、講師と参加者が意見を取り交わしながら進めていくというもので、2日間とも予定終了時間を大幅に上回り非常に充実したものとなりました。
文:税理士 清水由美子

2015.6.12 定例勉強会


「契約書の作成・チェックの勘所」
~クライアントのリスク軽減のためのポイント~
 講師 弁護士・桑野陽壮さん
桑野さんは福井県で開業されているので、今回の勉強会のために大阪までお越し下さり、その熱意と相まって、質問も多く、和やかで積極的な雰囲気でお話は進みました。 契約書独特の言葉づかいや概念について、実例を交えてポイントを解説していただき、 とっつきにくい契約書の文章を、体系的に理解するための入門講座になりました。 また、契約書をチェックする際に、依頼者のお人柄や立場、相手方とのパワーバランスなどを心にとめてチェックをされているということをお聞きし、奥の深いお仕事だと感じました。

2015.4.3 定例勉強会


「行政書士の仕事」~私の体験談を交えて~
 講師 行政書士・藤川照史さん
行政書士はドラマなどで有名になりましたが、士業の中でも守備範囲が広く、そのお仕事は多岐にわたっています。広く浅く、などと藤川さんは表現しておられましたが、4つの異なった話題について、興味深いお話をいただきました。 1つ目は、ご自身の誕生日が4月2日であることから、どうして4月1日は早生まれになるのかという「年齢計算に関する法律」のお話。 2つ目は、行政書士の守備範囲が行政書士法でどのように規定されているか。 3つ目は、補助金のお話。特に、小規模事業者持続化補助金について。零細企業がHPの作成等に使える便利な補助金だけど、よくわからないネーミングだな、くらいにしか思っていませんでしたが、この補助金ができた背景には国の施策の大きな転換があったのだと知りました。中小企業向けといいながら、ある程度の規模の企業が数千万の規模の投資をすることに補助を出していた国の姿勢を改め、成長が見込めない時代にあって、小規模零細事業者が事業を継続することを主眼に置いて創設された初めての補助金だと知りました。 4つ目は藤川さんの専門である建設業の許可申請の法改正について。コンプライアンス重視の時代の流れのなかで、建設業の許可申請も会社に求めるハードルが高くなるばかりでなく、その内容も詳細になり、また、末端の下請けまでも同様のコンプライアンスが求められるようです。

2015.1.23 総会&記念講演


  

道頓堀の大和屋本店で大阪府立大学士業の会の総会が行われました。
総会では26年度の会計報告と27年度予算と事業計画、および新旧役員の交代についての議事と承認が行われました。


続いて、記念講演では、大阪で8店舗の美容室を経営する株式会社snipの代表取締役である清水幸樹氏に「お客様の心をつかむには」と題して1時間にわたりお話をいただきました。士業とはいえ我々も同じサービス業の一員として、お客様との関係や社員さんとの関係など、気づきの多い有意義なお話でした。



  

その後は、お座敷に会場を移し、大和屋さんの心づくしのお料理を堪能しました。
終始、和やかな雰囲気につつまれ、清水氏も大阪が地元ということで、なんばシティのロケット広場や大阪球場があった頃など、昭和な話題に花が咲きました。

2014.12.12 定例勉強会


「士業のための知財講座」~弁理士を知って弁理士を活用して下さい~
 講師 弁理士・工学博士森貞好昭さん
弁理士の一般的な業務や、森貞さんが個人的に力を入れられている業務をご紹介頂きました。また会員皆で課題にも挑戦し楽しく知財を学習。

2014.11.2 暮らしの困りごと相談・経営の困りごと相談ⅰn白鷺祭


暮らしの困りごと相談・経営の困りごと相談ⅰn白鷺祭
地域の皆様に向けて、個別無料相談会を実施しました。また、当日はたくさんの会員の皆様にご協力頂きました。

2014.9.18 定例勉強会


公認会計士の仕事 講師 公認会計士・税理士 呉 平健さん
公認会計士という仕事について、実際のご経験を踏まえ基礎からわかり易くご講義いただきました。同じ士業とはいえ、詳しい仕事内容についは大変新鮮でした。

2014.7.9 外部勉強会&ビアガーデン懇親会


「大阪企業家ミュージアム見学」
平成26年7月9日(水)(堺筋本町)大阪産業創造館B1F

同日 ビアガーデンの集い


同日 (難波)タカシマヤ屋上ビアガーデン懇親会

2014.5.30 定例勉強会


被疑者ノートで学ぶ刑事訴訟法 講師 弁護士 楠博匡さん
刑事訴訟法の基本用語や手続きの流れを、実際の事例やニュースの話題なども踏まえながら楽しく分かりやすくご講義頂きました。まだまだ聞いていたいと思う程惹き込まれました。

2014.3.28 定例勉強会

「DVDを観ながら社員の仕事ぶりを評価してみよう」~人事考課プチ研修~講師 所信昭 会長
講師の解説のもと、参加者がDVDに出てくる社員を評価項目に沿って評価をし、その結果のバラツキを経験しその難しさを教わりました。

2014.1.17 総会&記念講演


1周年記念特別勉強会として、観念寺住職 宮本直樹 先生に「お寺の出前」と称した紙芝居を披露して頂きました。(場所:大和屋本店)
生きていく上での智慧に満ちた教えを、手作りの迫力ある絵や親しみある語り口調で楽しく学ぶことができました。
その後、場所を2階へ移し1周年の門出を美味しい料理を囲み皆で祝いました。

2013.12.6 大阪府立大学仕事理解講座


「士業の魅力」 府大なかもずキャンパス
実際に士業として活躍している3名の生の声を学生たちに届けることができ、また、起業も含めた職業観 について考えてもらうきっかけを提供することができたのではないでしょうか。

2013.11.2/11.3 第65回大阪府立大学白鷺祭


「暮らしの困りごと相談会」出展 A1棟2階126教室
地域の皆様に向けて、ミニセミナーと個別無料相談会を実施しました。ミニセミナー講師には楠先生および笹尾先生に、また相談会にはたくさんの会員の皆様にご協力頂きました。

2013.9.18 定例勉強会


「士業に役立つ経営支援のための便利ツール」~クライアントの課題解決にぜひご活用ください~ 講師 中小企業診断士 長元耕司さん
すぐに実践できる経営課題の解決に役立つ、9つのフレームワーク(切り口)を分かりやすくご講義頂きました。

2013.9.6 [福祉部会]コンプライアンス研修&施設見学会


「社会福祉法人みつみ福祉会 コンプライアンス研修」
所会長講師による高齢・障害・児童施設の主任クラス向けの研修を見学させて頂きました。また途中、石橋知子講師によるコミュニケーションゲームにも研修生の皆さんと共に参加しました。

同日 施設見学会


その後、支援課長様に施設を案内して頂きました。
書面による手続き業務だけでは知ることのできない、利用者様のくらしや従業員の方の支援の様子を見学させて頂き、大変貴重な経験となりました。

2013.8.9 ビアガーデンの集い開催


「ビアガーデンの集い」
士業の会会員及びそのご関係者の方々と楽しく飲み交わし、ビンゴ大会では見事税理士藤田さんが1等当選しました!

2013.7.12 定例勉強会


「司法書士業務と士業の連携」~相続大衆化時代の到来を見据えて~」講師 司法書士 藤本昌吾司さん
司法書士と他士業の方との連携スタイルや相続の基礎知識をクイズ形式で楽しく講義して頂きました。

2013.6.28 第25回校友懇話会講演


「知って得する法律と税金の話」
講師 楠博匡会員 糟谷芳孝会員 井川真理子会員 進行 所信昭会長
各会員順番に「もし悪徳商法にひっかかったら クーリングオフのやり方」「定年後だれでも会社に再雇用してもらえるのか?」「一般家庭を襲う相続税」というお題で講義させて頂きました。

同日 懇親会


その後、懇親会に参加(I-siteなんば内にて)
加納様の進行のもと、講演ご参加の皆様と食事を囲み和気あいあいと有意義なひと時を過ごしました。

2013.6.20 大阪府立大学卒業年次生向けイベント


「中小企業の見分け方セミナー」講師 所 信昭 会長
当日は大学側のDVD撮影も入り、学生たちは所会長の自説をふんだんに盛込んだ講演に熱心に筆を走らせていました。

2013.5.30 定例勉強会


「税理士藤田の知って得する会計の話~士業の先生Ver.~」講師 税理士 藤田正人さん
20数ページに及ぶ貴重な資料と終始丁寧で和やかな雰囲気の中すすむ講義に引き込まれて行きました。

2013.4.18 設立記念特別勉強会


「なにわの歴史と商人気質」講師 株式会社せのや(店舗名:いちびり庵) 代表取締役 野杁育郎 先生
いちびり庵様の商品の数々を一つ一つ手に取りながら、マーケティングに則った誕生秘話や売上数等他では聞けない貴重なお話しをして頂きました。

同日 設立記念パーティー


その後、隣のお部屋で設立記念パーティーを開催(大和屋本店にて)
大阪府立大学校友会事務局長加納様より祝辞を頂き、講師の野杁先生も交え和気あいあいと絶品の懐石料理を堪能しました。

2013.3.8 定例勉強会


「本音で語る 士業のマーケティング後篇」講師 所信昭 会長
前回同様たくさんの士業の方々と勉強会及び懇親会を開催しました。新規ご参加の方もすぐに打ち解け懇親会も予定時間を超えて大変盛り上がりました。

2013.2.15 定例勉強会


「本音で語る 士業のマーケティング前編」講師 所信昭 会長
弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、公認会計士、税理士の士業の方々と勉強会及び懇親会を開催しました。



【大阪府立大学士業の会の活動内容】

定例勉強会の開催

会員に対して、メンバー講師や外部講師を招き勉強会を実施し、専門知識の更なるレベルアップを図る。


会員懇親会の開催

同業・他業や先輩・後輩の垣根を越えて助け合うネットワーク作りに寄与する。


会員事務所HPとのリンク

当会のHPに、各会員事務所HPリンクを設定。


大学への支援活動

白鷺祭などへの出店や、学生課キャリアサポート室との連携による就職ガイダンスへのパネラーとしての参加や士業目指す学生への相談サポート体制を築く。


外部研修会の実施

外部研修への参加や外部見学会を実施する。


起業家支援

大阪府立大学の在学生・卒業生の起業に対する支援を行う。